スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イェール大学CFOに学ぶ投資哲学
2009年05月23日 (土) | 編集 |
イェール大学CFOに学ぶ投資哲学
イェール大学CFOに学ぶ投資哲学
価格: 2,520円
販売元: 楽天ブックス

著者:デイビッド・F.スエンセン/瑞穂のりこ出版社:日経BP社/日経BP出版センターサイズ:単行本ページ数:379p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する※価格・発売日は予定のため変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。イェール大学の資産を20年で20倍以上に増やしたカリスマCFOが、その常識外れの運用ノウハウを個人投資家のために解説した注目の一冊。【内容情報】(「BOOK」データベースより)伝説のファンドマネジャーが語る、非常識な利回りを手にするための最適戦術。【目次】(「BOOK」データベースより)投資収益の源泉/第1部 資産配分(コア資産/ポートフォリオ構築/非コア資産)/第2部 マーケットタイミング(成長を追う/リバランス)/第3部 銘柄選択(ミューチュアルファンドの悲惨な運用成績/ミューチュアルファンドが市場平均にかなわない理由?目にみえる要因/ミューチュアルファンドが市場平均にかなわない理由?目にみえない要因/アクティブ運用ゲームの勝者/上場投資信託(ETF))/利益追求型ファンドが市場平均にかなわない理由/付録【著者情報】(「BOOK」データベースより)スウェンセン,デイビッド(Swensen,David F.)イェール大学のCFO(最高財務責任者)として、140億ドル以上の大学基金運用を指揮する。イェール大学に職を得た1985年以前、スウェンセンは6年間をウォール街?リーマン・ブラザーズとソロモン・ブラザーズで3年ずつ?ですごし、新しい金融技術の開発に携わった。ソロモン・ブラザーズでは、最初のスワップ取引として知られているIBMと世界銀行の為替取引を構築した。TIAA(全米教職員保険年金協会)、ワシントンのカーネギー財団、ブルックリングス財団の受託者、およびホプキンス受託者委員会の財務責任者を務める。イェール大学では、エリザベス・クラブの一団体バークレイ・カレッジと国際ファイナンス・センターのフェローに就き、学部およびビジネススクールで経済学とファイナンスのクラスを受け持っている瑞穂のりこ(ミズホノリコ)翻訳者。1968年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト
テーマ:マビノギ
ジャンル:オンラインゲーム
これなら勝てる究極の低位株投資
2009年05月14日 (木) | 編集 |
これなら勝てる究極の低位株投資
これなら勝てる究極の低位株投資
価格: 2,940円
販売元: 楽天ブックス

FAI投資法実践編パンローリング相場読本シリーズ 著者:林知之出版社:パンローリングサイズ:単行本ページ数:225p発行年月:2001年11月この著者の新着メールを登録する個人投資家に評判だった『究極の低位株投資術FAI投資法』の続編がついに登場した。  FAI投資法の優れた点は次のようなもの。「1.ルールが系統立っている」「2.低位株に限定しているので、具体的な目的が明確」「3.資料の量は多いが種類は少なく、シンプル(迷いがない)」である」「4.低位株を買って儲ける投資法でありながら、カラ売りを取り入れている」 そして、これらをひとまとめで表現すると、極めて実用性が高いということになる。 いくら理論が立派でも、現実の相場は生身の人間が悩みながら行うのだから、やり方や考え方が複雑だと実際に実行することは困難である。シンプルで使いやすくなければならない。それが投資法に求められる実用性である。  一般のアマチュア投資家の中から多くの成功者を輩出したFAI投資法を学び、自分自身の取り組み方を見直す好機となる一冊。【内容情報】(「BOOK」データベースより)“うまい話”をフトコロに入れるためのFAIの実践ノウハウ(選定銘柄事例つき)。マーケットに隠れた、ほんとうのお宝を見つける投資法。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 FAI投資法と投資クラブ/第2章 FAI投資法を実践するための心得と道具/第3章 FAI投資法を実践するための売買ルール/第4章 売買の核心となる「利食い」/第5章 FAI投資法のカラ売り/第6章 実践力を身につけるためのポイントと注意/第7章 新しい時代のFAIの分析方法/第8章 実践のためのケーススタディ【著者情報】(「BOOK」データベースより)林知之(ハヤシトモユキ)1963年生まれ。林投資研究所の林輝太郎は著者の実父。そのような環境から幼少の頃より、投資・相場の世界に身をおいてきた。FAIクラブ発足時からのメンバーでもある。これまで株式投資の実践で成果をあげながら、独自の投資哲学を築き上げてきた。現在は投資顧問会社「林投資研究所」を経営。FAI投資法を中心に投資家に売買のアドバイスを行っている。また、セミナーの講師や、インターネットホームページなどでも精力的な活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

投資の心理学
2009年05月09日 (土) | 編集 |
投資の心理学
投資の心理学
価格: 2,730円
販売元: 楽天ブックス

「損は切って利は伸ばせ」が実践できない理由 著者:ローレンス・E.リフソン/リチャード・A.ガイスト出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:301,発行年月:2001年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、マーケットを心理学から読み解くことによって、なぜ人々がそうした行動をとってしまうのかを分析し、その処方箋を描き出す。【目次】(「BOOK」データベースより)投資家の過剰反応/リスクに対する感情/なぜ売りが難しいのか/銘柄選択の心理学/日々の投資の精神病理学/ウォール街の考え方/投資の前に行う企業診断/モメンタム戦略/過去のパフォーマンスの利用法/有利なほうに投資する/株式市場の熱狂は繰り返す【著者情報】(「BOOK」データベースより)リフソン,ローレンス・E.(Lifson,Lawrence E.)ハーバード大学メディカルスクール非常勤講師(精神医学)。タフツ大学医学部准教授。ボストン精神分析研究所員。医学博士ガイスト,リチャード・A.(Geist,Richard A.)ハーバード大学メディカルスクール専任講師(心理学)。マサチューセッツ精神分析研究所創立メンバー。心理学・投資研究所所長。心理学・市場研究所顧問・教育学博士林康史(ハヤシヤスシ)大和投資信託調査本部長付主席研究員。一橋大学大学院国際企業戦略研究科非常勤講師。東北財経大学(中国大連)客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。